ホームヘルパーの歴史

ホームヘルパーの歴史

ホームヘルパーの歴史は1970年から1980年代前半において、「家庭奉仕員」と呼ばれていました。


主に生活保護を受けている人・一人暮らしの高齢者などの家庭に訪問して、 庭の草取りなどの簡単な雑用を請け負っていました


そして、1990年政府から「高齢者福祉整備10年計画」が発表されて、 「家庭奉仕員」から現在の「ホームヘルパー」という名前に変わりました


1995年からは「ホームヘルパーの24時間対応制度」が導入され、2000年 「介護保険制度」の実施に伴い、ホームヘルパーは「訪問介護員」とも呼ばれるようになりました。


現在では、介護・福祉サービスにおいて欠かせない存在のホームヘルパーですが、「家庭奉仕員」と呼ばれていた当時は、 福祉に頼るのは低所得か老人であったため、「家庭奉仕員」の地位は、あまり確立されていませんでした。


長い歴史のあるホームヘルパーですが、今後は厚生労働省の意向により、新しい資格が登場することになります。

ホームヘルパー介護の現場で働きたい方へ

90万人の修了生を輩出している講座で学びたい方へ

▽ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績を持ちます。

介護に精通したプロの講師が、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを
介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンター
運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が
ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座を
もっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

2007年02月14日 05:02