ホームヘルパーってどういう場所で働くの?

ホームヘルパーってどういう場所で働くの?

ホームヘルパーは、福祉分野においてさまざまな場所で活躍しています。


主に在宅での福祉サービスを必要とする個人宅、心身障害者や高齢者が生活する福祉施設などで働くことが一般的ですが、 最近では大学の付属病院や総合病院でも勤務する姿が見られます。


もちろん看護師のような医療行為をするわけではありませんが、 患者の多い付属病院や総合病院では、看護師に本来の看護師業務を遂行してもらうために、 ホームヘルパーにサポート的な役割を任せている病院もあります


例えば入院患者の食事介助入浴介助。 病院内の消毒清掃、 検査室や売店までの患者の付き添いなど、 多くのホームヘルパーが看護師の助手として働いています。


また、少しずつ進歩している市町村のホームヘルパーとして登録し働くことも可能です。


高齢化が進むにつれて、それに伴った福祉サービス施設や病院が増加する傾向にあるため、 多くの福祉施設や新しい福祉サービスを担う企業で就業することができます

ホームヘルパー介護の現場で働きたい方へ

90万人の修了生を輩出している講座で学びたい方へ

▽ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績を持ちます。

介護に精通したプロの講師が、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを
介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンター
運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が
ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座を
もっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

2007年02月14日 06:21