ホームヘルパーの雇用形態

ホームヘルパーの雇用形態

ホームヘルパーの雇用形態は、登録する条件や施設によって異なります。


しかし、登録制であることが多いため、ある程度の雇用形態を選ぶことも可能です。


病院や福祉施設・個人の自宅など、さまざまな場所で就業することができますが、正社員から派遣社員・パート・ アルバイトまで多くの雇用形態が存在します


曜日も休みも関係なく仕事をしたい場合は、病院福祉施設団体などの所属することがベストです。


家事と育児の合間に仕事をすることが希望なら、個人の自宅か福祉施設などの登録派遣ヘルパーとして働くことがお勧めです。


主に登録ヘルパーは、主婦の人が中心で、 昼間の空いている時間を利用して勤務することが多いようです。


また、学生がホームヘルパー2級資格を取得して、アルバイトで勤務することもできます


勤務時間も条件や施設によって違いますが、病院や福祉施設に正社員で雇用された場合、 1ヶ月に何回かは交代で夜勤や宿直に就くこともあります。

ホームヘルパー介護の現場で働きたい方へ

90万人の修了生を輩出している講座で学びたい方へ

▽ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績を持ちます。

介護に精通したプロの講師が、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを
介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンター
運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が
ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座を
もっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

2007年02月20日 17:55