ケアマネージャーとホームヘルパーの違い

ケアマネージャーとホームヘルパーの違い

ケアマネージャーとホームヘルパーは、同じ介護・福祉業界の仕事ですが、それぞれに行う業務には少し違いがあります。


ケアマネージャーは、 介護を必要とする高齢者や障害者の介護サービスプランを作成することを専門としています


ホームヘルパーは、そのケアマネージャーが作成した介護サービスプランに基づいて、高齢者の自宅などに訪問して、 実際に介護サービスを提供します


また、ホームヘルパーは、決められた「ホームヘルパー養成研修」を修了すれば認定されます。


しかし、ケアマネージャー資格を取得するためには、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければなりません。


そしてその資格を受験するには、

医療・福祉に関する国家資格を取得している人
医療・福祉での実務経験が5年以上かつ900日の従事日数がある人

というように、さまざまな高い条件が必要とされます。


ケアマネージャーとホームヘルパーは、業務内容や資格取得に違いがありますが、共に通信教育で資格取得のための勉強をすることができます。

ホームヘルパー介護の現場で働きたい方へ

90万人の修了生を輩出している講座で学びたい方へ

▽ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績を持ちます。

介護に精通したプロの講師が、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを
介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンター
運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が
ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座を
もっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

2007年02月26日 07:13