ホームヘルパーの業務:入浴介護

入浴介護

入浴介護は、ホームヘルパーの業務の中でも最も負担が大きい作業です。


高齢者にとっては新陳代謝を活発にし、清潔を保つために、できる限りの入浴介護が必要になります。

高齢者が男性である場合は、自分よりも体が大きく体重もあります。


しかし、介護・福祉サービスを利用しなければならないということは、身体的に1人では入浴することが困難な状態であるため、 高齢者に負担をかけるわけにはいきません。


最近では、女性1人でも簡単に入浴介護することができるように、 さまざまな介護商品が登場しています


この介護商品を使うことにより、高齢者にも負担をかけることなく、 入浴してもらうことができるようになりました。


しかし、浴室は滑りやすく事故が置きやすい場所なので、どんなに介護商品を使って簡単に入浴介護ができたとしても、 毎回細心の注意を払う必要があります。


また、安全性を確保するため、 浴室に手すりや滑り止めマットなどの防止策を施すことも大切です

ホームヘルパー介護の現場で働きたい方へ

90万人の修了生を輩出している講座で学びたい方へ

▽ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績を持ちます。

介護に精通したプロの講師が、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを
介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンター
運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が
ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座を
もっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

2007年02月15日 07:33