ホームヘルパーの業務:身体介護

ホームヘルパーの業務:身体介護

ホームヘルパーの仕事で重労働だと言われる身体介護とは、食事介助・入浴介助・排泄介助・清拭・通院介助など、 高齢者の身体に直接関わりのある介護です。


基本的に自分で日常生活の動作ができる場合は、できない部分のみのサポート。


寝たきりである場合は、全体的な身体介護を行います。


また、医師の指示のもとで薬を飲ませたり、毎日の体調をチェックし、体調を崩している場合は、 すみやかに医師や医療機関への連絡をとることも重要な業務のひとつです


他にも、着脱介助やリハビリ介助なども行います


身体介護は、高齢者の身体に直接触れる業務であることから、高齢者の日常生活における機能の向上を目的とし、お互いの信頼関係の元、 高齢者が快適な生活を送ることができるようにサポートします。


身体介護においては、高齢者の状態や環境により、 ホームヘルパーが2人で業務を請け負うケースも存在します


注意事項としては、介護保険対象以外のサービスは原則として禁止されています

ホームヘルパー介護の現場で働きたい方へ

90万人の修了生を輩出している講座で学びたい方へ

▽ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績を持ちます。

介護に精通したプロの講師が、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを
介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンター
運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が
ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座を
もっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

2007年02月20日 17:38