ホームヘルパーの業務:食事の介助

ホームヘルパーの業務:食事の介助

ホームヘルパーの身体介護に当たる食事の介助は、高齢者の状態によって対応が違います。


自分で介護用具を使って食べることができる高齢者には、食事の配膳から内容の説明などを中心に、高齢者が食べやすいように座らせてから、 食事介助のサポートを行います。


寝たきりで自分での食事が困難である場合は、 ホームヘルパーが付き添って食べさせることになります


寝たきりのまま食べさせるのは誤飲する事故につながるので、介護用のベットを起こし、高齢者の食べやすい姿勢にして、 少しずつ高齢者のペースに合わせて口に運びます。


また、食事の介助では、高齢者の食事量や嗜好・摂食状況などを観察しながら、 高齢者が落ち着いた気持ちでおいしい食事をすることができるように、しっかりとコミュニケーションを図ることが重要です


食事の介助は、日常生活においての大切な基本動作なので、リハビリも兼ねて高齢者のできる範囲で、 相談しながらサポートする方向を決めていきましょう。

ホームヘルパー介護の現場で働きたい方へ

90万人の修了生を輩出している講座で学びたい方へ

▽ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績を持ちます。

介護に精通したプロの講師が、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを
介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンター
運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が
ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座を
もっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

2007年02月25日 11:02