ホームヘルパーの業務:体位変換

ホームヘルパーの業務:体位変換

長時間同じ姿勢のままでいると、同じ部分が圧迫されることになるので血液の循環が悪くなります。


そのため床ずれを起こしたり、 臓器の機能を低下させることになります。


それを防ぐ予防として、2〜3時間に1回体位変換のしなければなりません


高齢者自身で体位変換ができる場合は、できる範囲で自分でやってもらうことにしましょう。


高齢者自身で体位変換ができない場合は、無理なく高齢者のペースに合わせて体位変換をします。


体位変換で大切なことは、高齢者への声かけです。


「つぎにどう動かすのか」ということを伝えて、体位変換に伴う動きに備えてもらいましょう。


声かけをすることなく、いきなり体位変換するのは高齢者に不安を与えるだけではなく、 身体的に負担をかけることになります


必ず、ひとつひとつの動作で声をかけてから、ゆっくり丁寧に体位変換してください。


また、座布団やタオルなどを利用して体位変換すると、高齢者への負担も軽減されます。

ホームヘルパー介護の現場で働きたい方へ

90万人の修了生を輩出している講座で学びたい方へ

▽ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績を持ちます。

介護に精通したプロの講師が、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを
介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンター
運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が
ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座を
もっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

2007年02月25日 11:06